明日のために、今できること

廃プラスチック等リサイクルシステム構築/環境技術開発/各種コンサルティングサービスのプロ集団 日本フューチャーエコシステムズ株式会社

jfess_logo 日本フューチャーエコシステムズ株式会社


Jfess News

New
モンゴル「ウランバートルエコパーク」プロジェクト
<NEWS>をご覧ください。
2018.3.1
リサイクルLab/プラスチック再生工場の開設のお知らせ
廃プラスチック等のリサイクル技術の研究と実践のために、千葉県山武市内に開設いたしました。ご見学等ご希望の場合はお問い合わせください。
2017.12.8
東京Lab閉鎖のお知らせ
廃プラスチック及びバイオマスの熱分解油化及び炭化・バイオマス トレファクション(半炭化)等の研究やテストで皆様より、ご好評をえていました東京ラボ(東京都江戸川区)を事業再編のため閉鎖いたしました。新たなラボ構築を目指し準備をしていきます。
今後も各種テストやトライアルは実用機等で実施可能ですのでお問い合わせください。
2017.10.16
事務所移転しました。
「南新宿」に移転。お近くにお越しの節は是非お立ち寄りください。
2016.9.30
増資のお知らせ
当社は、2016年9月30日付にて、増資を行いましたのでお知らせいたします。増資後の資本金は14,612,000円となります。今回の増資によって経営基盤をより強化し、業務の拡大、お客様への一層のサービスの向上に努めてまいります。今後とも何卒変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。
2016.7.25
外国人初。モンゴル・ナショナルリサイクル協会「顧問」に当社代表取締役が就任しました。
2016.7.21
モンゴルの空気環境改善啓蒙の第一弾!モンゴル・ナショナルリサイクル協会/エコパークウランバートル社に⾼機能空気消臭除菌装置を寄贈。
2016.6.13
循環経済新聞に当社及び当社が顧問を務めるモンゴル・ナショナルリサイクル協会/ウランバートル・エコパークについての記事が掲載されました。
2016.3.7
モンゴル・ナショナルリサイクル協会とのアドバイザリー契約締結について。
2015.6.30
当社代表取締役に小川英久が就任すると共に、本社移転を行いました。
2014.12.01
ベネッセコーポレーション こどもちゃれんじ「くるくるリサイクル」の活動の一部には当社の技術・装置が活用されています。
  • ホーム   >  
  • 電熱式熱分解油化装置導入事例

電熱式熱分解油化装置の主な導入事例

すでに、国内外での導入及び稼働実績を有しています。
多くの場合、他社の油化装置を導入後、「予定していた能力が発揮できない」、「残渣に油分が残り臭気や残渣処理に苦労している」等により引き合いとなるケースです。また、生成された再生エネルギー(再生油)をジェネレータ(発電機)で活用すれば、自走処理できるため、電気環境の悪い地域や災害時の廃棄物処理・エネルギー供給等で、活躍することが可能です。

1m³廃タイヤリサイクル
1m³廃タイヤリサイクル
(アイルランド)

6m³(3m³×2リアクター)
6m³(3m³×2リアクター)
廃プラスチック(漁網)類・感染性廃棄物リサイクル用途
※処理量 10t/日(岩手県釜石市)

油化小型実験装置
油化小型実験装置
東京都助成事業(2013年度)

3m³(3m³×1リアクター)
3m³(3m³×1リアクター)
処理困難廃プラスチック類リサイクル生成油連続蒸留機構(2種/3種石油類)
※処理量 5t/日(新潟県上越市)
※電熱式熱分解油化処理として、日本初の危険物製造工場とする計画
page top